Before After-衣裳の再生

 

白無垢について
色打掛
掛下
オリジナル小物
紋付
振袖
呉服

FAQ

メニューへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白無垢について

【白染編】

使用しているうちに正絹のものは黄ばみ、化繊のものは静電気を吸い黒ズミで白さが失われていきます。
又はお客様による、シミ(ワイン・血等)で全体的に生地として疲労していないのに使用できなくなった白無垢。

丸洗いでは限界があり、白さや張は戻りません。

昔ながらの職人技で、白無垢を真っ白に再生し、仕立て直します。
お客様には新品と何ら変わりはありません!
どうしても取れないシミ、破れも意匠のイメージを崩さないように補修出来ますよ。

【染め編】

白×銀の白無垢・・・どうも弔事のイメージで使いにくいというお声が多いようです。残念ながら金糸や銀糸は漂白加工したら黒ずんでしまいます。思い切って染めて見ませんか?

 

色打掛

こちらも白無垢同様、本体は織で非常に高価でありながら袖口,肩山,袖山,後ろ裾など傷む個所は共通です。ほっておくと破れてしまい使用できなくなります。こちらも弱っているところを早目早目に補強します。破れを破れと感じさせないよう図案を考えて元の姿に透け込ませるように治します。又は赤や朱という決まった裏地を他の色に染め替えオリジナルを創りませんか。

「京乃彩」では個性的でありながら使いやすくコーディネートの多様な色を提案させて頂きます。

 

【上へ】

掛下について

掛衿を折って着用する為黒いスジとなっていきます。こちらも白くし「解体」して仕立直す際にお客様に見える美しい個所を掛衿にし元掛衿は見えないところに縫い直す等工夫をします。他掛下は様々な色に染め(お揃いで帯&五点セット&草履も古い衣裳から創作)色打掛や白無垢とトータルコーディネートを楽しむ提案もしています。浴衣の世界でも一昔前の白や紺から多様化し今やあらゆる色,アクセサリー,丈を楽しむ時代です。婚礼にもその遊び心を落とし込めば,もっともっと和装が身近なものになるでしょう。

また2枚の掛下から共比翼の掛下、襦袢から掛下を創ることも可能です。

 

オリジナル小物

せっかく打掛や掛下や色打掛のフキの色を染替しても市販されている小物と色が合わない!と言う声をよく聞きます。打掛や掛下達の悲鳴を聞いてあげて下さい。色の合わない小物では全体のイメージが崩れてしまいます。
京乃彩では小物達、半衿も熟練の刺繍職人により古衣裳より創作しますよ。

 

紋付

白の刺子紋付が黒ずんできた、グレー等使いにくい色なども大変身させる事が出来ますよ。

又、たばこで穴が開いた、衿が変色した・・・全て解決出来ます。
 又打掛とペアコーディネートも創作します。


振袖

大振袖からお引振袖(黒や赤他)にまた打掛も出来ます。

 

呉服

お母さんからお嫁入りに持たせてもらった着物、またお婆ちゃまからの形見もビフォーアフター出来ますよ。

【上へ】

 

オリジナル小物

 

[ --- Before After --- ]

・和のウエディングトータルコーディネイトの提案

・伝統民族意匠着物KIMONOの見直しと継続